スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告--/--/--(--)--:--

ビタミンB12 質問より シアノコバラミンとメコバラミン

ビタミンCについてはひとまず終了です。今後は記事中に出てきた他の成分をリンクさせるような形で更新していきたいと考えています。合間で薬の記事も今までどおりはさみますが…。

ところで、まず以前にビタミンB12について質問を頂いていたのでこれについて掲載してからのスタートにしたいと思います。では早速ビタミンB12についてですが、まずは頂いた質問を紹介します。

ビタミンB12、1、2などがありますがこのなかでもB12について述べるとB12コバラミンですが、いろいろな形があるんですよね? なかでも メコバラミンは活性型でシアノコバラミンは活性型ではないんですよね?
このように活性型と不活性型の違いと代謝的にみてどう違うのかが疑問に思いメールさせてもらいました。もしお時間があればブログで掲載してほしいです。よろしくお願いします。OTCで解説していただけるとうれしいです。


まずビタミンB12については、赤いビタミンとしてよく知られています。赤い目薬にも含まれていますね。現在ビタミンB12「シアノコバラミン」「ヒドロキソコバラミン」「アデノシルコバラミン」そして「メコバラミン(メチルコバラミン)」という4種類が知られています。このうち体内で活性型として利用されているのが、質問にある通りメコバラミンアデノシルコバラミンです。

では代謝的に見てどう違うのか?ということですが、シアノコバラミンは体内でどう利用されるのかというと、ビタミンB12のCo(コバルト)に結合している-CN基の部分が置き換えられ活性型に変換されることによって効力を発揮するという仕組みです(構造式をアップロードしたいのですがうまくいかないので後日アップします)。

つまりメコバラミンは活性型ですから体内ですぐに利用できる形、シアノコバラミンは体内で代謝を受けてから、つまりステップを踏んでから利用できる形であるといえます。こういった製剤は他にもいろいろとあって、骨粗鬆症に利用されるビタミンD3なども同様ですね。

ビタミンB12はもともとビタミンB12が不足することでおこる貧血を改善するための成分として製剤化されました。つまりはビタミンB12の補給ですね。実はシアノコバラミンは4つのコバラミンの中では最も安定した物質であるため、推測の域を出ませんが製剤化するには都合が良かったのだと思います。あとは体内で活性化され不足を補えればいいわけですから。

ところが腰痛や肩こりの原因となる末梢神経のキズを修復することが目的となってビタミンB12がメコバラミンに変換されて活用されることはありません。腰痛・肩こり・神経痛・手足のしびれの時には、末梢神経に直接作用するメコバラミンが必要になります。こうした理由からメコバラミン製剤が開発されたわけです。

OTCでビタミンB12が主薬となるのは「ナボリン」、「ナボリンS]、「ナボリンEB」、「ユンケルB12」ですが、いずれもメコバラミン配合です。ところがB群の配合剤ではシアノコバラミンが使用されることが多いようです。ビタミン補給が目的となるので恐らくこういった配合になるのだと思いますが、コスト面なども影響しているのかもしれませんね(あくまで推測ですが…)。製品の写真については構造式同様後日アップしたいと思います。参考になりましたでしょうか?

ランキングサイトに参加しています。皆様からの応援クリックが更新の励みになります!!
brog ranking borg ranking ブログランキング


マルチ ビタミン&ミネラル
12種のビタミンと10種のミネラルをタブレットに凝縮。注目の2種の果実酸をプラスした一歩進んだ「マルチ ビタミン&ミネラル」。

スーパーフォトホワイトC
VC-IP(油溶性※ビタミンC誘導体)を高配合。肌なじみがよく、純粋なビタミンCの約10倍以上の経皮吸収率が期待できます。

ビタミンエッセンスA・C・E
通常のお手入れでは入りにくいビタミンCなどの有効成分をグングン浸透

ビタミンC アセロラ配合 約30日分
ビタミンCの吸収率をアップするビタミンP配合。話題のローズヒップ、アセロラも配合しています。

スポンサーサイト


ビタミン | コメント(5) | トラックバック(0)2006/04/23(日)23:58

コメント

ありがとうございます。

Dr.Iさん(ちょっとみょーな感じですが…様付けもどうかと思うのですいません)コメントありがとうございます。

循環器の先生なんですね。調剤薬局でも循環器科にかかってる患者さんからはよく質問を受けます。ほとんどは薬ではなくて食品についてですけど…。食事制限がかかることが多いのでちょっとでも食べれるものをって感じですね。

こちらこそ今後とも宜しくお願いいたします。

2006/04/25(火)23:24| URL | 管理人 #- [ 編集]

さすが

はじめまして。
訪問履歴から来ました。
さすが薬剤師さんですね。
詳細な説明がすごいです。

また来ますので、よろしくお願いします。

2006/04/24(月)21:13| URL | Dr. I #sSHoJftA [ 編集]

コメントありがとうございます

ふるこさんいつもながら早いコメントありがとうございます。

質問を頂くまで配合されているビタミンB12の種類まで気にしていなかったのですが、いい勉強になりました。

効果については何となく効いてるかなーという程度に思っていてもらったほうがいいですね。早くて劇的な改善を期待すると裏切られます。ゆっくり効果がでてくるので1ヶ月くらいのんで効果を見てくださいね。

2006/04/24(月)14:04| URL | 管理人 #- [ 編集]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2006/04/24(月)11:50| | # [ 編集]

美術系の学校に行っていた十代後半から肩こりがひどくなり
妊娠してから腰痛もちになり
去年あたりから手の痺れが出てきました。
メコバラミンですね。
参考になりました!

2006/04/24(月)00:41| URL | ふるこ #- [ 編集]

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »


ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログランキング登録中
応援よろしくお願いします!
brog ranking borg ranking

「市販薬辞典」進捗状況

2月22日12成分追加!
風邪薬編終了しました!!





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。