更新履歴

19/3/4
19/2/28
19/1/20
19/1/11
19/1/4
18/12/28
18/12/27
18/12/23
18/12/20
18/12/6
「リレンザ処方増加中」をUP。
「市販薬辞典 今後の予定」をUP。
「DHC 3月8日までのキャンペーン情報」をUP。
「ノロウイルスの消毒法 ちょっとした工夫」をUP。
「新規相互リンクサイト様のご紹介」をUP。
「ハルシオン回収騒動続報」をUP。
「DHC 2月8日までのキャンペーン情報」をUP。
「ハルシオン0.125mg錠 全面回収へ」をUP。
「ノロウイルス対策 消毒剤の希釈」をUP。
「超多剤耐性結核菌」をUP。
 
過去の更新履歴はこちら 「管理人日誌」はこちら

ドクターシーラボ

主なコンテンツ

■サプリメント・健康食品の話
サプリメント・健康食品 | ビタミン
サプリメント・健康食品の報道・最新情報
■くすり・医療の話
医療用医薬品の話 | 市販薬の話
医療の話題
■健康情報番組を検証する
大人気の健康情報番組。薬剤師の視点で検証します。⇒過去記事はこちら
■市販薬(OTC)辞典
配合成分・特徴・類似商品の情報など。風邪薬から展開中。 こんな感じです

過去の記事はこんな感じです。。。
サプリメントの話題 おくすりの話題
■コエンザイムQ10 ■市販の風邪薬を検討する
≫コエンザイムQ10の基礎知識 ≫風邪薬の中身を見てみよう
≫コエンザイムQ10の抗酸化作用 ≫ベンザシリーズの処方を比較検証する
≫コエンザイムQ10とビタミンE ≫風邪薬の配合成分一覧
≫コエンザイムQ10と薬の関係 ≫痛みはどうして起こる?
≫薬としてのコエンザイムQ10 ≫発熱はどうして起こる?
≫解熱鎮痛成分 アスピリン   
■オルニチン ≫解熱鎮痛成分 イブプロフェン   
≫オルニチンの基礎 ≫解熱鎮痛成分 アセトアミノフェン   
≫オルニチンと成長ホルモン ≫解熱鎮痛剤の配合パターン   
≫オルニチンの筋肉増量効果 ≫解熱鎮痛剤の効力比較

DHCオンラインショップ

ECサイト別商品情報

DHCオンラインショップ 紹介ページTOP〈売れ筋情報・お得なキャンペーン情報〉
1月11日までのキャンペーン 2月8日までのキャンペーン
ビタミン| ミネラル| ダイエット| 抗酸化サプリ|
機能性サプリ| はりと潤いのサプリ| 女性の健康に|

大塚製薬の通販 オオツカ・プラスワン 紹介ページTOP〈売れ筋情報・お得なキャンペーン情報〉
ネイチャーメイド ビタミン| ネイチャーメイド ミネラル
ネイチャーメイド 人気のサプリメント|

ファンケルオンライン   サントリー健康食品オンラインショップ 追加予定です。

相互リンク

当サイトへのご要望、ご質問、相互リンクのご依頼、リンク切れなどのお知らせは下記アドレスまでお気軽に。コピー&ペーストでご利用ください。

URL:hotchuun @ hotmail.com

迷惑メール対策のために@の前後に全角スペースを挿入しています。実際の送信の際は、スペースを消去してから送信してください。

アフィリエイト・免責事項

当サイトで紹介している商品は全てアフィリエイトプログラムを利用しています。
注文・お支払いはリンク先の企業様との取引になります。発送等でトラブルがあった場合は直接リンク先の企業様にご連絡いただきますようお願いいたします。当サイトでは一切の責任は負いかねますので予めご了承ください。

リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告--/--/--(--)--:--

後発品処方を優先へ

先日4月22日の読売新聞朝刊に気になる記事が出ていたので抜粋します。


厚生労働省は、新薬と有効成分が同じだだが価格が安いジェネリック医薬品(後発医薬品)の普及を促進するため、医師が患者に薬を処方する際、これまでは新薬の使用が「標準」だったのを、後発医薬品を「標準」に転換する方針を固めた。処方箋の様式を改め、あえて新薬を選ぶ場合は、医師が処方箋に理由を明記することを求める方向で検討する。増え続ける医療費を抑制するのが狙いで、2008年度からの実施を目指している。

後発品への変更が思ったほど進まないことを受けてのことですが、なんともおかしなことになってきました。医師会、大手製薬メーカーの反発は必至ですね。

欧米に比べて、一向に後発品の処方が伸びない理由を厚生省は薬剤師が積極的に進めないからとか、医師が処方したがらないとかいろいろと言ってますが、普及しないのはもっと大きな理由があります。

それは諸外国との保険制度の違い。こういった議論の時には必ず欧米ではという話になるのですが、そもそも保険制度が根本的に異なるこれらの国の状況と日本での状況を比較することにあまり意味はありません。

例えば、薬代が5000円かかったとして、後発品はその半分の2500円で済むとしましょう。
全額負担の場合は、2500円の差額が生じますから、たいていの人は後発品を選ぶでしょう。
これが多くの諸外国の場合。

でも、日本では負担なし1割負担の人がたくさんいるんですよね。
負担なしの場合は、お金の発生が無いんですから、当然薬を変える必要性を患者さんは感じませんから、そのまま先発で処方されるケースがほとんどでしょう。

1割負担の場合も、実際に支払うのは先発品で500円。後発品で250円になりますから、後発品に変えた場合の差額は250円。たったこの程度では、「そのままでええわ」といわれるケースがほとんどです。

仮に3割負担でも、微妙でしょうね。後発品に変えて、金額的にお得感を実感できるのは、ある程度先発品の薬価の高く、なおかつ長期的に服用する場合になります。ただし、残念ながら、こういった薬剤はあまり多くないんですよね。

こういった現状では、欧米並みになるのは今のところかなり難しいでしょうね。

ただ、後発品優先については、あくまで個人的意見で、批判も受けそうですが、部分的には検討できる余地はあると思っています。

それは、負担なしの患者さんに対して薬を処方する場合
実際に薬を出す立場から見てみると、こんなに薬がいるのかというくらい薬を持って帰られる方が結構いるんですよね。この場合負担は全て保険側になるんですから、ここをまずターゲットにすべきだと思いますけどね。医療費がタダなんだから、薬代を抑えるのに後発品を中心にした処方にしてもいいと思うんですがいかがなものでしょうか?

今回のこの案については、医師の処方権とも微妙に絡んできそうですし、今後どうなっていくのか、しっかりと見届けたいところです。

スポンサーサイト


医療の話題 | コメント(10) | トラックバック(1)2007/04/24(火)13:51

«  | HOME |  »


ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログランキング登録中
応援よろしくお願いします!
brog ranking borg ranking

「市販薬辞典」進捗状況

2月22日12成分追加!
風邪薬編終了しました!!





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。